メニュー

納豆のダイエット効果は?いつ食べる?痩せる食べ方のコツ、注意点も

和朝食の定番メニューである納豆。よく食卓に並ぶという家庭が多いのではないでしょうか。
納豆が栄養たっぷりで健康に良い食材というのは周知の事実だと思いますが、ダイエット中のあなたにも、ぜひオススメしたい食材なんです!

もちろん納豆を食べるだけで痩せる、ということではありません。
ダイエットのために筋トレや運動をしている人に効果的な栄養素が、納豆にはたくさん入っているのです。

ダイエット中に納豆をオススメしたい理由、納豆の効果などを順に解説します。

納豆のイメージ画像
目次

毎日食べたい!納豆のスゴイ効果7選

栄養たっぷりの納豆は、ダイエットや健康に良い効果がたくさん!
驚きの効能をまとめました。

①低カロリー高タンパク、低糖質

植物性タンパク質の代表である大豆から作られた納豆。
ダイエットには欠かせない、筋肉を作る材料になるタンパク質を豊富に含んでいますが、肉などよりも脂肪分が少なく低カロリーなので、積極的に取りたい食品です。

また、ダイエット中の人が特に気になる糖質も、50gあたり約2.7gと低いので、安心して毎日食べることができますね。

納豆1パック50g中、タンパク質 8.3g、糖質 2.7g ほどが含まれています!

②便秘解消&腸活に◎

納豆には食物繊維が豊富に含まれており、便秘解消に効果的。
また、納豆菌は腸の中で善玉菌を増やしてくれるので、腸内環境を整えて腸を元気にしてくれます。

③脂肪燃焼効果を高める

納豆に豊富に含まれているビタミンB2は、炭水化物・タンパク質・脂質の代謝をサポートする働きがあり、特に脂質をエネルギーとして利用する際に必要なビタミンです。
効率良く脂肪を燃焼させるために、積極的に取りたい栄養素ですね。

⑤更年期障害・骨粗鬆症の改善

大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」に似た構造をしています。
女性ホルモンは加齢と共に減っていき、様々な不調を引き起こしますが、イソフラボンを摂ることでホルモンバランスを整え、更年期障害や骨粗鬆症など女性特有のトラブルを軽減する働きが期待できます。

⑥生活習慣病の予防

納豆菌に含まれる酵素・ナットウキナーゼには、高血圧や血栓症を予防する効果や、コレステロール値を下げる効果があり、メタボ予防に効果的。

普段から内臓脂肪や高血圧が気になっている人は、毎日納豆を食べるようにすると良いでしょう。

⑦美容効果

ポリフェノールの一種である大豆イソフラボンには抗酸化作用があり、アンチエイジング効果も期待できます。
肌の新陳代謝を促進したり、体内のコラーゲン生成を促してシミ・しわを予防し、肌や髪のツヤ、ハリを保つ効果も♪

また、ビタミンBは皮膚や髪、爪などの細胞の再生にも役立ちます。
いつまでも若々しく美しい見た目を保つためにも、納豆は効果的なのです!

納豆の効果的な食べ方

納豆の効果は分かったけれど、毎日どのくらい、どうやって食べるのが効果的なの?
そんな疑問にお答えします。

納豆を食べる時のポイントや注意点をまとめました。

1日1パックを目安に。食べ過ぎ注意

パック入り納豆のイメージ画像

優秀食材である納豆ですが、2パック食べたら2倍、5パック食べたら5倍効果があるわけではありません。

1日1パックを毎日継続して食べることで、腸内環境の改善に効果的です。

また、納豆は肉や魚など他のタンパク質に比べるとヘルシーですが、畑のお肉・大豆製品のためカロリーがあり、プリン体も含まれています。 納豆だけでなく、様々な食材を組み合わせてバランス良く食べましょう。

ダイエットなら朝、生活習慣病予防なら夜

動脈硬化や脳梗塞の原因となる血栓は、深夜から早朝にかけて作られやすいといわれています。そのため、血栓予防のためには納豆を夜に摂るのが効果的。

対してダイエット効果を狙う場合は、朝食で食べるのが効果的なのです。
朝食でタンパク質をしっかり摂ると、代謝が上がって脂肪燃焼効果が期待できます。

また、納豆は食後血糖値の上昇作用を表すGI値が30と低いのも特徴。(※)
血糖値が急激に上がるとインスリンが過剰に分泌され、体に脂肪を溜め込みやすくなってしまうので、血糖値のコントロールはダイエットにおいて重要なのです。

夕食で納豆を食べる場合には、空腹によるドカ食いを防ぐため、食前に納豆をよく噛んで食べて空腹を落ち着かせておき、夕食時の炭水化物の量を減らすようにすると◎。
夕食時の血糖値の急上昇を抑え、無理なく摂取カロリーも減らすことができますよ。

※ブドウ糖を摂取した際の血糖値の上昇を100とした場合の値。白米、パンなど70以上が高GI、56~69が中GI、55以下は低GIと分類される

加熱せずに食べる

ナットウキナーゼは熱に弱いので、納豆は加熱せずにそのまま食べるのがおすすめです。

アツアツのごはんに納豆を乗せて食べるのも美味しいですが、栄養を取りこぼしたくない人は別皿で食べる方が良いでしょう。

食物繊維と一緒に食べる

善玉菌を増やす効果がある納豆菌と、善玉菌のエサになる食物繊維を含む食材を一緒に食べることで、より腸を元気にする効果があります。

中でものり、めかぶ、あおさなどの海藻類と一緒に食べるのがおすすめです。
意外と何にでも合う納豆。色んな食材と組み合わせて、毎日の納豆習慣を美味しく続けていきましょう。

めかぶ納豆の画像

ダイエット成功のカギは“食事&運動”

ダイエット成功のカギはずばり、食事と運動!
消費カロリー>摂取カロリー となるように、食事に気を付けながら運動で消費カロリーを増やすことが重要です。
痩せるために食事管理を頑張っているアナタ。
運動を組み合わせて、ダイエット効果をさらに高めましょう!

↓自宅でできる、筋トレや有酸素運動を紹介しています。

\効率的な筋トレで代謝アップ!痩せ体質に/

\すき間時間5分でOK!有酸素エクササイズ/

運動習慣がなくて続かない…という人も、まずはちょっとしたすき間時間に身体を動かしてみましょう。
適度な運動は肩こり・腰痛などの不調改善やむくみ改善にもつながります。ストレス解消にも効果的ですよ♪

ダイエット・生活習慣病予防はホリデイスポーツクラブへ

「今度こそダイエットを成功させたい」「健康数値を改善して元気な身体をつくりたい!」
そんな人は思いきってスポーツジムに入会して、本格的に運動を始めましょう。

全国100店舗以上を展開するホリデイスポーツクラブでは、全店テクノジム製の筋トレマシンをご用意。どれも待ち時間なしで利用できます。
ダイエットの近道は、筋肉量を増やすこと。代謝を上げ、リバウンドしにくい身体を作ることができます。
自宅で筋トレをするのもいいですが、ジムのマシンを使えば狙った部位を効率良く鍛えることが可能です。

また、ホリデイにはランニングマシンやエアロバイクなどの様々な有酸素マシンのほか、広いスタジオも完備。
エアロビやヨガ、ダンス系など、ホリデイオリジナルのスタジオプログラムは、45分間があっという間!音楽に乗って、楽しく汗をかくことができますよ。

広い館内には、ほかにもプールにお風呂・サウナやマッサージチェアもあり、どれも自由に利用し放題。
運動した後はサウナとお風呂で、ゆったりと疲れを癒してくださいね。

納豆パワーとホリデイスポーツクラブで、今度こそダイエットを成功させましょう!

\今月のキャンペーン情報はコチラから/

人気記事を見る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次